ウキウキ呑もう! ニコニコ食べよう!

ウキウキ呑もう! ニコニコ食べよう!

酒呑みの食いしん坊、メタボはイヤだけどガマンは嫌い。

♪幻なのか夢なのか 時の流れは続くのか♪ あの日の【コビトラーメン】

<ラーメン族のトラックドライバー御用達 昔の名前で出ています

でも出てないんだなあ、これが。ラーメンなんですけれどね。普通の、中華そば。

f:id:wakuwaku_nikopaku:20210103082317j:plain
ラーメンの話ではあるんですが「山田うどん」という店を知っているでしょうか。うどん屋さんというか、今は定食屋さんですね。


関東一円を長距離ドライブ、までいかないにしても車を運転している人は知っていると思います。
食べたことが無いにしても店の前を通ったことがあるのではないでしょうか。


関東7都県にあります。埼玉県にいっぱいあって、本部が所沢でしたかね。東京だと都心にはありませんね、西の方だけです。
それも大通りに面してではなく、メインの通りから1、2本入った通りに看板を出していることが多いですね。


ローカルな立地を選んでいるチェーン店なんだなあという印象です。戦略なんでしょう。大型トラックドライバーをターゲットにしているんだろうなあ、という感じ。
駐車場が広いです。


お昼時には8トン車とか12トン車とか、大型トラックでいっぱいになります。普通車もありますけれどね。
高速のパーキング並みにコンボイ駐車で圧倒されることもありますね。


かなり昔からある、郊外型の店舗。昔はうどん屋さん、今は定食屋さん。名前はずっと「山田うどん


もうずいぶん前に何回か行ったのは、確か東村山だったと記憶していたんですが、マップで調べてもありません、東村山店。アレ?
東村山が地元の友人と一緒に、友人の家から歩いて行ったので間違いないと思うのですが、ないんですね。


そういうのってありますよね。
自分の記憶にマチガイナイ、とは思いつつ、現実はそうじゃない。おかしいなあってこと。

f:id:wakuwaku_nikopaku:20210103082505j:plain
外食産業は、入れ替わり移り変わりが激しいです。このところ特にね。昔行った記憶を頼りに足を向けてみても、目的の店に辿り着けないってことは、珍しくないのかもです。


で、今回、けっこうウロウロしてみたんですがたどり着けなかったという話なんですが、本題は山田うどん東村山店が見つからなかったということではなくって、なんで電車を乗り継いで山田うどんを、しかも特に東村山店を探しに出かけることになったのかという、探しに行く前の呑み屋での話です。


なぜ数ある山田うどんの中で、東村山店を探したかと言いますと、そこで食べた「コビトラーメン」を目的として、というかその存在を確認しようとしたからなんですね。
聞いたことありますか? 「コビトラーメン」

f:id:wakuwaku_nikopaku:20210103082554j:plain
いろんな人に聞いてみたんですね。
埼玉県出身者は、話を聞いた全員が山田うどんを知っていました。100%。
いくつかの店舗に行って、食べたことがある、という人たち。さすが埼玉県人。


でも、誰一人として知りませんでした。聞いたこともない、という「コビトラーメン」


あれ? どこか違う店の勘違い?
いいえ、そんなはずはないのです。


記憶の中では、山田うどんの無駄に広い店内のひと角に、別カウンターがあって、のれんには「コビトラーメン」と大きく書いてありまして、その文字の脇には、そうです、山田うどんの案山子マークがデデーンとあったんです。赤い案山子。


店舗内に別店舗、みたいな形での営業でしたのでけっこうハッキリその絵面が記憶に残っているんですね。夢じゃないと思うわけです。
しかも案山子なのにコビト? と首をひねった記憶もあるのでかなり強くインプットされたんですね。


その当時の山田うどんのメニューは、もちろんうどんがメインで、そばもありましたが、ごはんものは数点という内容だったように記憶します。


その地元の、東村山の友人がとにかく山田うどんファンで、遊びにいくと決まって山田うどんでした。
10回以上は行ってると思うんですが、コビトラーメンも何回も食べました。うどんより安かったような気がします。


カウンターで注文して、立ち食い形式で出されて、テーブルへ持って行って食べる。
テーブルはうどんとか定食を食べるテーブル。山田うどんのテーブルです。


初めは、一応違う店舗のメニューだから、ラーメンは立って食べるべきかな、とか迷っていたんですが、出されたコビトラーメンを持って、当たり前のように山田うどんのテーブルに座る人が続いていたので、それに倣うことにしました。
ま、やっぱり座って食べるよねえ。


と、ところが、なんと、ラーメンをテーブルに持ち帰った野郎たちは、その他にうどんも注文していたのでした。
うどんの付け合わせでラーメン。その他に、もちろんカツ丼! もちろんなのか?
まあ、そんなような店だったと言えるのかもしれません。トラック野郎たちはガッツリ食べるんです。好い傾向です、と思います。


いえいえそんなことより肝心なのは「コビトラーメン」です。

f:id:wakuwaku_nikopaku:20210103082740j:plain
こんな風にかなり確かな記憶だと思うのですが、話してみても誰も知らない。


若い世代が知らないというのは、ありがちかも知れませんよね。昔はあったけど今はない、というのはよくあること。
でも、オヤヂたちに聞いても知らない、という答えしか返ってこない。


今の、令和の山田うどんには、うどん、そば以外にも普通にラーメンやごはんもの、定食があるようです。
でもそのラーメンは「コビトラーメン」ではないんですね。


「コビトラーメン」は何の変哲もない普通の醤油ラーメン。とりたててンまいというラーメンではありませんでしたが、まあ文句のない一品ではありました。
ラーメンどんぶりにもあの赤い案山子がありました。

f:id:wakuwaku_nikopaku:20210103082829j:plain

で、一番新しい情報として、山田うどんには別店舗として「らーめん食堂かかし」というのがある、らしいことが分かりました。


お、それか、と思ったのですが、ググってみると、普通のラーメン食堂っぽいんですね。


今現在のコロナ禍の中で、気軽に電車で、というのも出来かねていて、確認はしていないのですが、「コビトラーメン」っぽくないので、期待ウスです。


ここまで誰も知らないとなると、記憶の方がオカシイ、と考えるのが妥当なのかなあ、とこのところショゲ始めています。
夢にでも出てきた幻の「コビトラーメン」だったんでしょうか。


そうだとしたら、そんなに絶品でもない、ンまくもないという食べものの夢って、悲しい。


いいや、夢じゃないと思うんですけれどね。
その東村山の友人は、その後、一年もしないうちに引っ越して行って、それ以来疎遠。連絡先も知らない状態。


ん~、どなたか知りませんかね「コビトラーメン」案山子マークの。
そんなに、という味だったけれども。
山田うどんファンの方、情報知りませんか?
コビトラーメン。あったんだけどなあ。。。