ウキウキ呑もう! ニコニコ食べよう!

ウキウキ呑もう! ニコニコ食べよう!

酒呑みの食いしん坊、メタボはイヤだけどガマンは嫌い。

【東京「町」歩き】23区 葛飾区編 葛飾区の「町」はチョウかマチか

< 東京都23区 北東部に位置する葛飾区には 30の町名があるのであります >

「【「町」の読み方】あなたが住んでいるのはチョウですか? それともマチですか?」で、日本全国の「町」の読み方について、ちと調べてみたわけですが、全体として「町」の読みは「チョウ」の方が多かったのでした。

でもこの結果は市部や区部の中の「町」は対象外としてのデータでしたので、差し当たって、東京23区の区部の中の「町」の読みについて調べてみようと思い立ったわけです。


市町村合併などによって失われいく地名も少なくない現状ですが、「チョウ」と読むか「マチ」と読むかという以外にも、「町」という字の付かない「町」というのもありますし、知らない町名、不思議な町名というのも少なくないだろうと思います。


東京都23区、第6回目は「葛飾区」です。

f:id:wakuwaku_nikopaku:20210801073348j:plain


葛飾区の面積は34.80平方キロメートル。23区の中で7番目の面積。人口が45万3千人余り。


ま、根拠なくですが、葛飾区って大きくないイメージでしたが意外に広いんですね。


区の木はシダレヤナギ。区の花はハナショウブ


令和現在の葛飾区は、区外へ通勤している人の数の方が多くて、昼間の人口の方が夜より少ない区です。

 


古~い地図をみるとですね、東京の東側にある地名は「足立」と「葛飾」なんです。葛飾っていう地名は、すごく昔からある名前。


そういう歴史があるってばかりじゃなくてでしょうけれど、東京23区の中で、区としての知名度葛飾区がナンバーワン、じゃないでしょうかね。聞いたことありますよね、葛飾区って。


記憶にも残りやすい語感かもしれません。


で、なんで葛飾区って名前を聞いたことがあるかといえば2派に別れるんじゃないでしょうか。


こち亀派」と「寅さん派」
どちらもレジェンドですね。


こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、週刊少年ジャンプで1976年、昭和51年から2016年、平成28年まで連載されていた大人気マンガで、単行本は、なんと全200巻!


あの「ドラゴンボール」が全42巻ですから、なんだかとんでもない金字塔です。


こち亀」って呼ばれていましたけれど、正式名称の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」というのをみんなが知っていたのは言うまでもありません。


こち亀葛飾区という名前に接している人は、日本人だけじゃなく、世界中に居るんですよね。凄いマンガです。


でもまあ、トンデモナイことばっかりやらかすマンガですし、登場人物たちも、麗子や中川とか、素性のトンでもなさに引っ張られて、葛飾区っていうのも架空なんじゃないかって思っている人、まさか居ませんよね。
少なくとも日本には居ないでしょう。


葛飾区はリアルに存在している東京23区の中の1つです。


亀有公園っていうのも実際にありますよ。

東京都葛飾区亀有五丁目36番1号にある児童公園です。


このリアル亀有公園の中に、両さん両津勘吉の像が2つあります。
「ダブルピース両さん」と公園のベンチに座っている「ひと休み両さん


葛飾区を訪れる人を裏切らない両さんなのです。
両さんと並んで座って自撮りしている人、けっこう見ます。
近所の人にとってのアイデンティティにもなっているでしょうね。


両さんアイデンティティって、ちとどうかなって気もしますが、ヒーローとしての存在感は大きなものがあるでしょう。


両さん象は葛飾区の中に2021年時点で11もあります。


「ヨオッ! 両さん」「ダブルピース両さん」「ひと休み両さん」「敬礼両さん」「お祭り両さん」「ようこそ亀有へ両さん」「サンバ両さん」「少年両さん(とんちんかんトリオ象)」「ワハハ両さん」「少年よ、あの星を目指せ! 両さん」「フルカラー両さん


両さんのほかに、麗子像と中川像が2つずつありますね。もっとあるかもです。


こち亀を全巻通して読んでいなくたって、誰でも知っている両さん葛飾区にちゃんと居ますよ。


ってことで「亀有公園」は実在します。するってえと「亀有公園前派出所」っていうのもありそうです。
ちゃんと亀有公園のすぐそばにありますよ派出所が。


その名も「亀有警察署 亀有駅北口交番」


あれ? ってまあね、亀有公園からは路地を1本挟んでいますしね、派出所の真ん前はJR亀有駅ですもんね。
コロナが明けたら、ぶらっと亀有に立ち寄ってみるのもイイと思いますよ。


七福神巡りならぬ11両さん巡り。


この亀有っていう名前ですが、低湿地帯の中に亀の甲羅の形をした土地だからっていうことで、「亀を成し」ているってことで「亀無」「亀梨」と表記されたそうです。
成す ⇒ 無、梨???


で、江戸時代の初めの頃に「無し」は縁起が悪いよっていうことになって「有り」にして「亀有」になったんだそうです。地名由来のあるあるですね。

 


さて、もう1人、葛飾の名前を全国区にしたヒーローがいますね。


みなさんご存じ「フーテンの寅さん」です。


映画「男はつらいよ」は、山田洋次監督、渥美清主演で、特別編も含めて50本、上映されています。
こちらの数もソートーですよね。


渥美清演じる「車寅次郎」のお決まりのアイサツはこうです。


「わたくし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です」


仁義を切るってやつですね。寅さんはテキヤさんですからね、いろんなところで仁義を切っています。


帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎。人呼んでフーテンの寅と発します」

 

と続くわけです。


この柴又という名前も、古代には「嶋俣(しままた)」だったんだそうです。亀有ほどではありませんが、今とはちと違います。
戦国時代に「柴俣(しばまた)」というよになって、「柴又」になったのは、なんと1932年、昭和7年のことなんだそうです。


寅さんが産湯を使ったという「柴又帝釈天」は1629年、寛永6年の創建だそうですから、古くは「柴俣帝釈天」だったということなんでしょうね。


柴又帝釈天」は帝釈天題経寺という日蓮宗の寺院で、柴又七福神毘沙門天の札所です。


こちらは、なんちゃっての11両さん巡りじゃなくって、ちゃんとした柴又七福神巡り。
観蔵寺が寿老人。医王寺が恵比寿様。宝生院が大黒天。万福寺が福禄寿。良観寺が布袋様。真勝院が弁財天。そして帝釈天題経寺毘沙門天です。
1月1日から1月15日の期間で行われています。


♪奮闘 努力の甲斐もなく きょうも涙の きょうも涙の日が暮れる 日が暮れる


という「男はつらいよ」の主題歌も有名ですが、なんといってもこの映画のポイントは寅さんの名ゼリフですよね。


「それを言っちゃあ おしまいよ」
「相変わらず バカか?」


年齢によるとは思いますが、寅さんのセリフは、居酒屋トークとして日本全国に浸透しているんじゃないでしょうかね。


「お前 さてはインテリだな?」


これなんかは寅さんじゃないと、うまいニュアンスで声に出来ない名セリフ。


「たいしたもんだよ蛙の小便 見上げたもんだよ屋根屋のふんどし」


これは寅さんの啖呵売でのセリフですが、なんかね、そういった場面に対する評価じゃ無いかもしれませんが、立て板に水ってやつです。意味がどうの、ということじゃなくって、言葉の響きの気持ち良さですね。


男はつらいよ」の人気はストーリーもさることながら、セリフ、言葉の気持ち良さっていう要素もかなり大きいと思います。


そして極めつけ、


「四谷 赤坂 麹町 チャラチャラ流れるお茶の水 粋な姉ちゃん立ち小便」


意味なんか全然分かんないんですが、啖呵売、実に爽快な寅さん節ですね。


で、柴又にはですね、寅さんの実家「とらや」が実際にあるんですね。もちろん今でもあります。
「柴又帝釈天 門前とらや」

 

帝釈天参道にある和菓子屋さんですね。草餅が名物です。ここの草餅、実に旨いですよ。
帝釈天に行ったら「とらやの草団子」です。

 


葛飾区には歴史を感じさせる地名がもう1つあります。


「お花茶屋」
京成電鉄には「お花茶屋駅」があります。


「【東京「町」歩き】23区 江戸川区編 江戸川区の「町」はチョウかマチか」でも登場してきました、江戸幕府八代将軍の徳川吉宗


江戸川区でもそうでしたが例によって例のごとく、将軍様の鷹狩です。鷹外ばっかりかよ。。。


で、この辺りで腹痛を起こしちゃった吉宗将軍。
葛飾の女性が活躍しますよ。茶屋の娘、お花ちゃん。
懇親丁寧な看病によって回復したという吉宗将軍だったのであります。


そのお花ちゃんの活躍によって、この辺りの土地を「お花茶屋」という名前にしたということらしいです。
ホントに腹痛だったんですかね? 鷹狩好きの吉宗将軍。


東京拘置所堀切菖蒲園葛飾区です。


ヒーローいっぱいの葛飾区の町名の数は30。「マチ 3」「チョウ 0」「町が付かない 27」でした。


「マチ 3」
「金町」「東金町」「宝町」


「チョウ 0」
葛飾区にチョウは無いんでありました。


「町が付かない 27」
「立石」「東立石」「東四つ木」「四つ木」「金町浄水場」「新宿(にいじゅく)」「亀有」「西亀有」「青戸」「白鳥(しらとり)」「新小岩」「西新小岩」「東新小岩」「奥戸」「高砂」「柴又」「鎌倉」「細田」「堀切」「東堀切」「お花茶屋」「小菅」「水元」「水元公園」「南水元」「西水元」「東水元


石橋貴明勝間和代栗本薫つげ義春近藤春菜半村良本田美奈子益子直美吉田照美


不思議なもんで、こうして並んだ名前をみますと、なんとなあく葛飾区だよねえって気がしてくるのが面白いです。

 

< チョウかマチか >

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com

wakuwaku-nikopaku.hatenablog.com